もう、大晦日にテレビ

  • 2005.12.22 Thursday
  • 21:51
 まじでまじで? もうみんな冬休み? いーなー。冬休みって宿題ないんでしょ? いーなー。締め切りも、ないんでしょ? ぼくもー!(うそ)
 めっちゃさむいですね。僕はこんな寒さ体験したの初めてです。おじいちゃんに聞いたら「こんな寒いのは80年ぶりだって、ニュースで言ってた」って、言ってた。
 すげえ、おじいちゃんが子供の時ぶりの寒さです。通りでさむいわけだ。
 そしてもう、大晦日にテレビはなにをみて過ごせばいいのかわかんなくなってきました。みんな日本一になればいいと思います。いっそ、ラジオを聴いて凄そうかな。
 よし! いっそ、大晦日は凄そうに過そう! こう「どりゃああ」とか言ってるんだけど、こたつからは出ない、みたいな。
 凄そうなんだけど、大したことない、みたいな。

ペトリ皿がお似合い

  • 2005.11.03 Thursday
  • 16:03
 今日が祝日で休日なのだと、もちろん知っていましたから、出かけ先で「なんでこんなにヒトがいっぱいなの?」ってびっくりなんかしませんでした。今週のおかゆだよ?

 実家から送られてきた、『なんとか芋』を中華鍋でこんにゃくと一緒に煮たら、まムラサキになりました。
 僕はヨウ素液で煮た覚えはない…!
 鉄鍋で煮るとだめなのでしょうか。匂いも味も普通なのに、見た目だけ理科の実験です。最悪です。シャーレとペトリ皿がお似合いです。これ、隣の奥さんのトコロに「たくさん作っちゃって」と、持っていったらだめかな。
 しかたないので、ちょっとずつ食べていきたいと思います。お、お、おうえんだーん!!
 

駅張りのポスター

  • 2005.09.15 Thursday
  • 11:11
 というわけで、僕も、



水上カオリさんのイラストが使用してある駅張りのポスターを発見しましたよー!

『夏休み最後の日』

  • 2005.09.01 Thursday
  • 08:42
 そろそろ夏休みの宿題にとりかからないと、本格的に間に合わないと思いますよ? おかゆまさきにできることがあったら言ってください。
 ちなみに、昨日は8月31日だったワケでして、一般的には『夏休み最後の日』だったみたいです。
『小説家は毎日が夏休み。ただし、毎日が8月31日』という名言が示しますとおり、さぞかし昨夜は全国的にシュラバだったかと思います。おつかれさまでした。
 というわけで今日、朝、きちんと起きられたひと。
 はーい。
 僕は朝八時に起きました。八時におきて、ごみをだしてきました。あと、八時に起きて学校に間に合う女の子が、中学時代、僕の隣の席でした。学校の校門から20メートルのトコロに住んでいるのに、毎日遅刻ギリギリ登校。毎朝はあはあ息をきらしてました。よい想い出です。
 そういえば、どこかで書いたような気もするのですが、僕が小説家に片足を、バイトに片足を突っこんで生きていたころ(ドクロちゃんの1〜2巻を書いているときくらい)、この時期に、バイト先の女の子の読書感想文を書いてあげた記憶があります。
 んで、僕は宮沢賢治の銀河鉄道の夜を題材に、pcで読書感想文を書いて、んで、学校に行っているだろうその女の子の携帯へと、文章データを分割して送ってあげました。その子は、授業中に携帯メールを見つつ、原稿用紙に書き写したみたいです。
 夏の終わりが、僕に昔のことを思い出させます。心臓がいたくなってきた!

強制的メルヘン

  • 2005.08.25 Thursday
  • 19:53
 強い台風が近づいてきているみたいですね。おかゆまさきです。
 雨が、ズザーって降っています。ズズザザー。そしてタイフーンが接近してくると、なぜだかめちゃくちゃ眠くなります。というわけで、午後一時から夕方六時までねちゃいました。
 今日は午前十時に起きたのに。
 実は、甲田学人さんもおっしゃってて、そして被害者のお一人でもあるのですが、なにゆえ低気圧?が接近してくると睡魔に襲われる人がでてくるのか。不思議。自然て不思議。
 ひょっとすると台風は、ヒトビトのみる夢をパワーに変えて、強さを保っているのかもしれません。
 だから僕等は、台風の魔力の前に眠ってしまい、台風のタメに夢をみるのです。
 そんな強制的メルヘン。
 そして今回の台風、アジア名を『マーワー』というらしいですが、空想はいっそう、アジアのシャーマンチックになっていきます。イメージ的には、バリ島の、なまはげみなたいなおみやげのお面をかぶった大きいのがやってくるヴィジョン。

やはりこれは恋なのでしょうか

  • 2005.06.09 Thursday
  • 21:55
 引っ越してから、家を出ない生活サイクルになってしまい、なかなかここに書く話題がなくて困っています。
 こうなったら、なにかの観察日記を付けてみようかなとも思います。
 でもどうせなら、育てがいのある植物がいいなぁ。
 昔、ジャンプに連載されていた「アウターゾーン」という漫画で、死んでしまった恋人の爪を土に埋めて、その恋人のカラダを再び育てるっていうお話があったけど、
 この話題はなんだかあぶないのでここでよします。
 僕が言いたいのは、つまり、毎日こくこくと変わり続けるよしなしゴトを書きつづりたい、生活に変化が欲しいというコトなのです。
 爪から指、指先から手のひら、手のひらから腕、二の腕、肩……と育っていく恋人のカラダ。
 確か最後には、誰かの魂を入れなくては生き返らないというオチだった気がしますが、そこまでいかなくとも、僕はミザリーと会えればとりあえずはよしとします。
 それはそれとして、まだミザリーのコトを考えると胸がドキドキするのですが、やはりこれは恋なのでしょうか。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM