『夏休み最後の日』

  • 2005.09.01 Thursday
  • 08:42
 そろそろ夏休みの宿題にとりかからないと、本格的に間に合わないと思いますよ? おかゆまさきにできることがあったら言ってください。
 ちなみに、昨日は8月31日だったワケでして、一般的には『夏休み最後の日』だったみたいです。
『小説家は毎日が夏休み。ただし、毎日が8月31日』という名言が示しますとおり、さぞかし昨夜は全国的にシュラバだったかと思います。おつかれさまでした。
 というわけで今日、朝、きちんと起きられたひと。
 はーい。
 僕は朝八時に起きました。八時におきて、ごみをだしてきました。あと、八時に起きて学校に間に合う女の子が、中学時代、僕の隣の席でした。学校の校門から20メートルのトコロに住んでいるのに、毎日遅刻ギリギリ登校。毎朝はあはあ息をきらしてました。よい想い出です。
 そういえば、どこかで書いたような気もするのですが、僕が小説家に片足を、バイトに片足を突っこんで生きていたころ(ドクロちゃんの1〜2巻を書いているときくらい)、この時期に、バイト先の女の子の読書感想文を書いてあげた記憶があります。
 んで、僕は宮沢賢治の銀河鉄道の夜を題材に、pcで読書感想文を書いて、んで、学校に行っているだろうその女の子の携帯へと、文章データを分割して送ってあげました。その子は、授業中に携帯メールを見つつ、原稿用紙に書き写したみたいです。
 夏の終わりが、僕に昔のことを思い出させます。心臓がいたくなってきた!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM