実家の本棚

  • 2012.05.24 Thursday
  • 01:00
■実家に帰ってた。
 5月も半ばになると、田舎である実家周辺はむっとした畑の匂いに包まれることになる。
 雨の降った翌日ともなると、日中、この青臭いむっと指数が上昇して、かなりナイーブな心境になるのだけど、
 もう学校に通ってない自分には関係ない話なので、平日に実家余裕だぜ…。

■自室から見える庭も、すごい勢いで新緑だなーと、眩しいので視線を室内に向けると、
 ローテーションで面前の変わる本棚に『幽遊白書』がコミックで並んでたりするんだけど(それでいいのか32歳)、これ、19巻で終わってるのね!?
 隣にあるワンピース、もう60巻超えてるのにね!?
 19巻なら、なんとか一気読みできるわーと思って、した。
 やっぱ幽白、名作だわーって思ったのでした。
 だてにあの世は見てねーぜ! これはアニメオリジナルのセリフな!(たぶん!)
 
■で、やっぱり読書的なことをしてると、我を忘れるというか、他のことに気が回らなくなっちゃって、
 気がついたらめちゃくちゃ体が冷えていた。
 自分…昔からこのパターンで、体調くずしてたんだなって、わかったのは、大人になった証拠だな。
 
■これからは、ふらふら〜っと本を読み始めちゃうんじゃなくて、きちんと身の回りを整えてからしないと、大変なことになるってことを、きちんと覚えておこう。
 上着をきちんと着るとか、飲み物用意しておくとか、トイレ行っておくとか、靴下とかちゃんと履くとかな。
 …ちょっとした旅行か…?

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM