『髑髏城の七人〜アオドクロ』

  • 2005.03.17 Thursday
  • 17:02
 話せば長くなるのですが、短く言うと担当の編集さんである三木さんに(ここんとこ三木さんいっぱい出てきますね。たまたまです)もらったチケットで、劇団☆新感線という劇団の、『髑髏城の七人〜アオドクロ』というお芝居の映画を見てきました。
『お芝居の映画』と、言っても、なんだか良くわからなくて、たぶん『お芝居の脚本が映画化された』をご想像されるとおもうのですが、実はそういうワケではありません。
 僕の観てきたモノは、まんま舞台で繰り広げられた『お芝居』を何十台(たぶん)ものカメラで撮影して、映画的に編集したものを、劇場で観るというもので、その名も『ゲキ×シネ』と言います。
 おそらく、『劇をシネマで』というコトなのでしょうが、これが、大変面白かったです。
 第一にコンテンツが、この劇団☆新感線の『髑髏城の七人』というお芝居が、超面白かったのですが……
 ……ええと、今回の日記、ちょっといつもより濃いい内容になっちゃいますが、お暇なら、最後までおつきあいください。そのうち、コンテンツの持っている『パッケージ潜在能力』という話しとかになります。
 実は僕は、この『髑髏城の七人』というのを、先に小説版で読んでいて、ぜひともお芝居で観たいと思っていた矢先に、このチケットを頂いたのです。運がいいことに。
 で、とりあえずこの『髑髏城の七人』ストーリーにちこっと軽く触れますれば、死んだはずの第六天魔王『信長』が関東に復活。その地に髑髏城を一夜にして出現させ、世を第六天にすべく活動を開始する。その最中、髑髏城の秘密を一身に背負った少女が、とある浪人、捨之介(すてのすけ)に助けられるところから、ストーリーは始まる……と、めちゃめちゃかっこいいです。『浮き世の義理も昔のえにしも、三途の川に捨之介とくらぁ……!』とか『背中の太刀は男の伊達、握った拳は男の意地。だれが呼んだか抜かずの兵庫!』など、登場人物はキャラ立ちしまくり、一級の演出やどんでん返しが繰り返されるストーリーのエンターテイメント性が時の経つの忘れさせてくれます(上映時間は休憩を挟んで、4時間ほど続きます)。
 で、これは元々お芝居で、お芝居というのは生もので、決められた期間(長くて一月、短ければ4〜5日)で、もう、観ることができなくなってしまいます。
 ビデオに撮っておくという手がありますが、なんというか、お芝居というのは劇場に観に来たお客さんのために全てが仕組まれているので、劇場以外で観ると、他の媒体では魅力が半減してしまいます。
 お芝居がメジャーになれない理由がそこにあったりします。
『歌』というコンテンツは、ラジオ、テレビ、CD、歌詞は紙媒体へという、広範囲に広がりえる特徴があって、商品化しやすく、めちゃめちゃ商業的に成り立っています。
『小説』も、とりあえずお芝居よりはかなり広範囲に広がりえるコンテンツです。書店に並ぶコトはもとより、ドラマCDにもアニメとかにも、なれます。
 しかし『お芝居』は、たった一つの劇場に、その周囲に集まれる人にしか、提供するコトができません。
 これは、表現でお金をいただく媒体として、とても不利です。
 たとえ観たいヒトがいても、日程や場所によって観れない、あきらめる、とか、そういうコンテンツ提供の側からすると超もったいない現象も起ったりします(おかゆは、そういうのを身に染みて、染みこませすぎて池袋駅で倒れたのでした)。
 で、お芝居はこれまで、そのような商品化『パッケージ潜在能力』が激低だと思われていました。
 しかし、そこで『ゲキ×シネ』。
 良質のお芝居を、きちんとエンターテイメントとして、映画としてカメラで撮りきって、それを映画館で『上映』。
 一度フィルムに収めてしまえば、映画館さえ、おさえれば、当時の『お芝居』を、フルキャストで再現できるのです。そして、DVDなどに商品化した際にも、かなり楽しめるものになります(現に今、実は『〜アカドクロ』のDVDを観ていました)。
 そのような可能性を秘めた『ゲキ×シネ』なのですが、なんで僕がこのような回し者のようなコトを書いているかというと、マスコミ関係者席で観させていただいたので、このように僕の唯一自由な発言の場である『今週のおかゆ』に、劇評っぽく書いている次第でした。
 なので、興味のある方は、ぜひ
 お芝居というモノには、すっごくエネルギーと魂が込められています。そのパワーを浴びるとイイコトが起きるとおもいます。
 しかし、この文、なーがーいー……。

言ってイイコトと悪いことと、夢と現実の区別

  • 2005.03.09 Wednesday
  • 12:57
 ついに『ドクロちゃん』の5巻が、今日明日くらいに発売です。僕は地元にある一番大きな本屋さんでも、まだドクロちゃんが並んでいるトコロを見たことがないので(電撃文庫はいっぱいある)この期に是非とも見てみたいです。
 さて、言ってイイコトと悪いことと、夢と現実の区別があまりつかない僕は、『ドクロちゃん』関係のお知らせをあえてこの場でしていなかったのですが、さすがに今週末、『アニメ版ドクロちゃん』テレビ放送があることには触れておかねばならないかと思います。
 あります、『ドクロちゃん』。公式ページから放送予定を引用させていただくならば
アニメ情報番組『Anime-TV』の3月12日放送回にてオンエア決定
tvk:毎週土曜日 夜24:00〜24:30
カミングスーンTV(SKYPerfecTV!720ch) 毎週日曜日  夜25:00〜25:30
というコトになります。
 tvkとはテレビ神奈川のコトで、神奈川県のヒトが視ることのできるテレビ局です。埼玉県では視れません。
 カミングスーンTVとは、スカイパーフェクTV!の中の番組でスカイパーフェクTV!に加入していないと視れません。だから僕は、視れません。
 でも、心の中に埋め込んだ僕の銀色の電波受信機はなんでもキャッチできるので、きっと平気だとおもいます。
 みなさんも楽しみにしていてくださいね?
 ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー♪

イロモノザムライ

  • 2005.03.02 Wednesday
  • 22:49
 テレビでやってる映画、『あずみ』を観ながら書いています。美女丸出てきてから、なんか、イロモノザムライ格闘映画みたいになっています。超面白いです。
 というわけで、インターネット環境が整ったおかゆまさきなのですが、自炊自炊、引っ越し先での生活もまあまあ順調です。けど、まだなんだか日常に復帰できないカンジです。「なんで僕はここにいるんだ?」というハテナマークが、ずっと頭の上に浮かんだまま、この2週間くらい過ごしています。
 そして、『自宅のキッチンファミレス化計画』もちゃくちゃくと進行中です。
 ところで、近所を走っているバスに、なんでか可愛いイラストが多様されています。

 じっと見ていると、


 なんだか変な気分になってきます。


 このイラストレーターさん、僕の予想では、バス会社の社内のヒトで、あと、他にも広告チラシ的なものに、イラストを描いています。
 引っ越してきてよかったなぁ。

ぴぴぴぴぴ。

  • 2005.02.16 Wednesday
  • 11:10
 びん・かんドクロちゃんねるの第4回放送を聞きながら交信中です。交信中? 更新中です。水曜日、『今週のおしらせ』です。ぴぴぴぴぴ。
 ええと、おそらくこれはもう言っていいと思うのですが、このネットラジオプログラム、毎週火曜日の夜10時くらいに更新が、正式に決定したっぽいです。よろしくお願い致します。にょきすくー!(よろしくー! のイントネーションで)
 読まれているメール、第1回放送前に送られてきたモノも採用されているので送られた方は要チェックです。
 あと、ドクロちゃんの韓国版が出るらしいのです。韓流ブームに乗ってたくさん売れて欲しいです。冬のソナタぐらい売れて欲しいです。
 というか、夕方から僕、おでかけしなくちゃいけないのに、さくさくと雪が降っております。やんで溶けろ……!
 それではー。 

夜ピーク直前

  • 2004.12.15 Wednesday
  • 01:49
 バイト先のヒトから、電話がかかって来たのです。超びっくりしました。
 場所は東京都、歌舞伎町のど真ん中。コマ劇横、ハーゲンダッツのお店から、……ええと、詳しく書くとたぶんマズイので、近くのお店から。
「あの、今度の日曜日、14ー18で、シフト代わってもらえませんか?」
 14−18(いちよん・いちはち)は、午後2時から夕方6時までの時間帯。ぱぱっと頭に浮かびます。昼ピークが終わって、夜ピーク直前。仕事的には楽だから……と、考えて、はたと、思い直しました。
 今僕、小説書いてる!? なんだか変な汗でちゃいます。それにここ、埼玉だし……。 
 っていうか、確かに5年ほど前に、ちょっと他ではもらえない時給に引かれて、そこでバイトをしていましたけど、登録、外されてかったのが驚きです。たぶん、最近入ったヒトなのでしょう。
 一気に思考が溢れてしまって、なんて答えればいいか詰まっていると、 
「私、18からなら出れるんです。他のヒトはもう全員ダメっていわれちゃって、どうにかなりませんか? ぜったい埋め合わせはす

おかゆまさき! そこに正座!

  • 2004.11.03 Wednesday
  • 18:08
 ドクロちゃんのドラマCD。その編集中音源を聞かせて頂ける機会がありましたー。(これのやつですー)
 でっ、話をちょっとズラすフリして、
 以前、壁井さんにお逢いしたとき、「おかゆさん、本当にドラマCD30枚も買ったんですか?」「もちろんですよー」という会話をしまして、で、実はその時『あ、あれ? 30枚って、実は買いすぎ……?』と心配に思っちゃったおかゆまさき! そこに正座! そんなコト思ったのはこの脳? この脳みそなの? イタタタタタタ! そんなに強くつねらないで。
 なんだか、すごいドラマCDができあがっているみたいです。『ドクロちゃんが大好き!』っていうヒトは絶対満足すると思います。『ええ…? ドクロちゃん…?』というヒトも、聞けば「う、うわー!?」って言うはずです絶対。「う、うわー!?」って。
 ドクロちゃんはくりっくりに可愛いし、桜くんは本当にかわいそうだし、それになんだか、サバトちゃんがものすごい勢いでえっちです。
 もうそろそろ、申し込みが締め切りになってしまいます。寸前で慌てたり、締め切りが過ぎてしまってから後悔したりすると、人生がプチ暗くなってしまいます。幸せは、こつこつ小さな『思い切り』の連続の向こう側にあるのかもしれませんね。
 というわけで、おかゆは主に車の中で、ドラマCD聞いています。すごい臨場感です、この撲殺感……!!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM